一本化による借金返済の注意点

借金返済に困っている方は、
「一本化による返済」や
「おまとめローン」
による返済を考える人も多いはず。

わたしもそうでした。
というか、特定調停も広い意味で言えば
「借金の一本化」
と言えそうですね。

さて、今回は、一本化による借金返済を選んだ場合の
注意点について取り上げていきたいと思います。


借金返済を一本化する場合の注意点

まず注意すべきは、
「詐欺」
です。

雑誌やネット、新聞(特にスポーツ新聞)の広告には
「たまった借金を一本化!」
といった広告をよく見かけます。

しかも、やたらと金利が安い!


しかし、よく考えてみて下さい。

おまとめローンのサービスを展開している大手企業に比べて
知名度も規模も小さい中小企業が、大手よりも
安い金利で展開できると思いますか?

当然、高くなると考えるのが自然です。

つまり、
「知らない企業なのにやたらと金利が安い」
というのは不自然=怪しい=詐欺?

と考えなければいけません。

安易に手を出して、実はヤミ金だったということになると
大変ですから、まずは詐欺に遭わないように注意しましょう。


具体的な例としては、
「借金を一本化するためには個人の信用情報を
整備する必要があるため、初期費用として10万円必要です」
とか、
「融資が決まりました。つきましては、保証金を5万円
 事前に振り込んで下さい。」

といったように話してくる業者はまず悪徳業者ととらえて
良いでしょう。


次に注意すべき問題、それが
「担保」や「連帯保証人」
です。

例えば、家などの不動産を担保としたり、
連帯保証人を要求されたりというケースです。

これらは、決して悪徳というわけではないですし
合法的なものです。

一本化した後に債務整理をしようとした場合に、
担保とされている不動産を売却する羽目になったり
連帯保証人や保証人に迷惑をかけてしまうことにも
なります。


さらに、借金返済を一本化することで
借金が減ったような錯覚に陥る
というのも見逃せません。

決して借金総額が減ったわけではないので、
この点にも注意が必要といえるでしょう。


安易な一本化を決断する前に、まずは無料相談を
受けてみることをお勧めします。
スポンサードリンク