借金をしたきっかけ ~「ゴールデンルール」との出会い(第3話)~

巧妙なセールストークと「儲かるしくみ」でゴールデンルールの教えに
基づき?高級スーツ42万円を購入してしまったわたしでした。


ここで、同じような失敗をしないよう、どう巧妙だったのか、
そして今思える感想を記しておきたいと思います。


また、断っておきたいですが、あくまで「ゴールデンルール」の皆様は
悪徳業者だとは思っていません。
ゴールデンルールに参加して、Aさんももしかしたら億万長者になっているかも
しれないですし、そのほかに参加していた方も、それぞれが金銭的にも、
そのほかの意味でも成功をおさめているかもしれません。

ただ、総合的に考えれば、少なくとも5年前の時期に
参加を決断すべきではなかったと今は思えるというだけです。


さて、では、ゴールデンルールに参加してしまったいくつかの要因を
振り返ってみましょう。


・「成功するためには(ゴールデンルールという)環境への投資を
  惜しんではいけない」
 と懇々と聞かされ、その気になった。

・「成功するために服へ投資することも一種の自己投資だ」
 と聞かされ、その気になった。

・「42万円」に対して、当然高いと思うが、
 「月々12,000円で購入できる方法がある」
 と言われ、「それは安い!」
 と思った。
(わたしもその後営業を経験し、営業トークでお馴染みの方法であることを知  る。。。)

・話を聞いたのは、先方の事務所。そう、サッカーでいう「アウェイ」に
 無防備で臨んでいたため、アウェイの雰囲気にもやられていた(笑)

・「Aさんも家族に相談して、参加を決断した。君も無理にとは言わないが、
  参加したほうが成功が早くなるんじゃないか?」
 のような事を言われ、その気になった。


とまぁ、こんな感じです。
いや~、こうしてみると、いかに自分が甘ちゃんで、「成功」
という言葉に弱かったかが分かります(照)


で、結局ゴールデンルールには参加したものの、すぐに彼らとの関わりを絶つ
ことになりました。


それはなぜか?
ということについては、長くなってきたので次回へ☆

ひっぱっていると思われるかもしれませんが、本当に長くなって
しまうので(汗)
てか、無意味にひっぱる意味もないですし(^_^;)


ちなみに、次回が最終回になりますので、ご安心を(笑)
スポンサードリンク