自己破産

自己破産はある意味最強の債務整理といえます。
そりゃそうですよね。

借金を合法的にチャラにできてしまうのですから。
(チャラに=0円にという意味です念のため)

とはいっても、当然借金がなくなる
というメリットはあるものの、
デメリットもあります。

場合によってはデメリットだらけ
ということにもなりかねないので、
自己破産についてのしっかりとした
知識を身につけておきましょう。

◆自己破産のデメリット

・自己破産の申請にもお金がかかる
(弁護士費用として、少なくても20万円程度は必要です)

・ブラックリストに載る⇒他の債務整理も同様です。

・一度自己破産をすると、その後7年間は免責を受けられない

・マイホームなどの財産は手放さなくてはならない

・全ての借金が免責を受けられるわけではない
(ギャンブルなどは不可)

・少額管財の場合、居住の制限、
通信の秘密等の制限がある

・破産者名簿や、官報に掲載される

よく言われるのが
・選挙権を失う
とか、
・年金を受給できなくなる
という話がありますが、
これは全くのデマです。

自己破産は立派な債務整理の手段の一つですから、
そういったデメリットはありませんのでご安心を。

ただ、マイホームなどの財産は
手放す必要が出てくるため、
どうしても家を手放したくない
という場合は個人再生など、
別の債務整理の手段を
検討するほうが良いでしょう。

ちなみに私の場合は?
借金の内容がキャバクラ通いが原因
(原因というか主たる要素)
なので、おそらく自己破産したいと
思ってもダメだったかなと。

ただ、特定調停をして間に入ってくれた
調停委員の方からは
「自己破産ギリギリだったよ」
ということは言われた記憶があります。

いま思えば、自己破産できるんだったら
しちゃいたかったなと(爆)

そのへんはもう割り切って。

ただ、そういうことを考えると特定調停
する前に一度法律事務所の無料相談を
活用すべきだったなという後悔はあります。

例えばこういうサービス。

あすなろ法律事務 [債務整理]

2008年に債務整理をした当時は
こんな素敵なサービスもスマホも
なかったので、今はほんと
債務整理がしやすい環境が整っていて
うらやましい限りです(笑)

自己破産や債務整理について

↑無料&匿名(名字のみ)
で利用できます。