借金が簡単に増える理由

借金が増えた理由のひとつに、
「錯覚」
があります。

錯覚?
何それってことで具体的言うと、
融資限度額=預金額という錯覚
です。

以前テレビ番組か雑誌で、
とある経営者が
「銀行からの数千万円の借り入れをしたことがあるが、
借金のはずなのに自分のお金という感覚に陥った」
と話していたのを覚えているのですが、
それがわたしにも当てはまりました。

本当に、錯覚に陥ります。

例えば、とある消費者金融会社(銀行系)に
融資の申し込みを行ったところ、
「50万円」
の融資枠がおりました。

これは、本来は
「融資限度額」ですよね。

それが、いつの日か
「自分の預金」
と同じような感覚に陥ってしまったんです。

「融資限度額が50万だから、
ちょっと借りてもまだまだ全然
借りられるから大丈夫だ♪」

という、いま思えば
「なんでそんな勘違いをしてしまったんだろう(ーー;)」
と思えるような状態でした。

わたしに限らず、同じように
多重債務に陥っている人、
陥りかけている人に関しては
共感できることなのでは
ないでしょうか。

これは、消費者金融(サラ金)
に限った話ではなく、
例えば
「クレジットカードの限度額」
もそうですよね。

クレジットカードって
後払いじゃないですか。

一般的には、今月使った分を
来月に払うわけですから、
極端かもしれませんが
「短期の借金」
とも言えるかもしれませんよね。

斉藤一人さんという方(大金持ち)
がいらっしゃるのですが、
何かの雑誌で
「クレジットカードは短期の借金」
という事をおっしゃっていました。

そして、確か(けっこう前に読んだので定かではないですが)
「借金が借金を呼ぶので、
買い物は現金で行っている」

ということもおっしゃっていたような気が。

仮にそうだとすると、確かに私にも
ぴったり当てはまります。
わたしに限らず、最初は1万円とか
2万円だったりしますものね。

それが、いつしか10万を超え、
20万を超え、そして100万円を
超えていくと。。

100を超えるとそこからは
一気にいく印象がありますね。
200万円の頃なんてもう、
覚えていません(笑)

クレジットカードの限度額や
消費者金融の融資限度額は、
間違っても貯金の額ではないということを、
肝に銘じておく必要があります。

その「錯覚」に陥らないための確実な方法は、
やはり「借金をしない」
ということでしょう。

300万円以上の借金がある今でこそ、
身にしみて借金の恐ろしさ、
借金返済の大変さを感じています。

ただ、必ず全額返済して、完済人になります!!

※人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

【2019年4月追記】

まあ、今となっては無事に完済人に
なったわけですけど、
本当に錯覚というのはあります。

マジで使っちゃうんですよね。

感覚がおかしくなります。
というか、使うほうが貯めるよりも
簡単ですから(爆)

で、その錯覚から目を覚ます簡単な方法
としては、やっぱり債務整理をする
ということでしょう。

ブラックリスト入りすれば
クレジットカードは作れなくなりますし、
使っているクレジットカードも
「解約のお知らせ」
みたいなのがきます。

↑私はきましたが、使いたいクレカだけ
残す方法もあるかも、

聞いてみて下さい。
(弁護士や司法書士に)


借金お悩み相談士ナビ

↑チャットで無料&匿名で相談ができます。

使いたいだけ使っちゃう、
要するに小学生のようなお金の
使い方を大人になってからも
やってしまっていた

っていうのが敗因でした。
(私の場合)

年収320万円の頃に借金300万円
ってなかなかのためっぷり
ですからね(;^ω^)

でも、債務整理をすれば嫌でも
「現金払いの生活」
「収入の範囲内での生活」
をしなければいけませんから、
矯正されます。

↑これマジです。

効果てきめん、僕イケメン( ー`дー´)キリッ

↑懐かしいワードw